法人ロゴマークについて

デザインコンセプト

社会福祉法人 緑寿会 ロゴは、
職員とご利用者が支え合って成長していく関係を
漢字の「人」と「樹木」をモチーフとして
表現しました。

葉の部分を、理念である
「人を 人が 人として」
という3つの「人」に見立て、
幹の部分はその葉を支える緑寿会を象徴しており、
Ryokujukaiの頭文字をとって
「r」の形になっています。

いつも若い葉を繁らせる樹木は、
これから緑寿会の一員となる若い力と
未来への希望を感じさせ、
また、社会福祉法人 緑寿会が
“大地にしっかりと根を張り、
共に暮らすご利用者に
毎日の安らぎを与える木”であるという意味と、
前身の“材木業”から現在に至ったという
バックグラウンドも含め表現しています。

メインカラーは、
20年の歴史の重みを感じさせる
緑青(ろくしょう)をベースにした"緑寿グリーン"。
歴史だけではなく、ご利用者の生活を守る
職員の優しさの中にある強さを表現した
カラーとしています。